イメージ画像

健康の秘訣は青汁。
大切なのは続けることです。

青汁を美味しく摂取するために

今では余りピンと来ない人も多いと思いますが、昔の青汁は味が独特でした。まずくて苦いからこそ体に効果がある、といった風潮だったのも確かですし、また罰ゲームとして利用されるなんて事もあったようです。

最近の青汁は味も調えられ、多くの人に受け入れられる味になってきましたが、まだ「青汁の味は苦手…」という人もいます。 青汁の味が苦手な人にもできるだけ美味しく飲んでもらえそうな方法をピックアップしてみましたので、よかったら参考にしてみて下さい。

粉末の青汁というのは、水やお湯に溶かし混ぜてから口にします。ですがこの時に使うお湯や水の代わりに牛乳を使用する事で、水やお湯で割って飲むよりも口当たりが良くなるようです。特に牛乳がお好きな人には向いている飲み方でしょう。

また、同じように緑茶に入れて混ぜてから飲むという方法もあります。緑茶の緑がより美しくなり、青汁の美味しさを引き立ててくれますし、普段から緑茶が好きな人にとっては、青汁をより手軽に楽しめるようになるでしょう。

最近スムージーなどが流行っていますが、青汁もアイスとヨーグルトを加えかき混ぜるだけで、青汁スムージーに変身です。すっきりとした味わいで、スイーツのように口当たりが良い上に、栄養価値としても高いのがうれしいですね。

青汁の緑色が苦味を感じさせる、といった人には、ココアと混ぜることをお勧めします。緑色よりもココアの色の方が濃いために、青汁をイメージしにくくなり、飲みやすくなるかもしれません。また炭酸飲料と青汁をまえて飲むという方法もあります。

炭酸特有の爽やかな風味が今までの青汁とは違った味わいを感じさせますし、イメージもガラッと変わると思います。 炭酸で割った青汁や、水で割った青汁に、レモン汁などをプラスする方法もオススメです。よりさっぱりとした味わいが印象的で、青汁が苦手な人も飲みやすいと思います。

混ぜて飲むだけが青汁の活用方法ではありません。料理としてアレンジするのもとても人気です。近頃は青汁を加えることを前提としたレシピもたくさん発案されていると聞きます。

一体どのようなメニューがあるのかというと、青汁を味付けとして活用するお料理は、チャーハンやカルボナーラ、天ぷらなどです。また、スープやシチューポタージュやコーンスープと一緒に煮込んでしまうのも、美味しい青汁の楽しみ方でしょう。

青汁を練りこんでしまうのであれば、ピザを始め、パンやケーキにするのもオススメですし、具体的にあげるとしたら、シフォンケーキやマフィンに蒸しパンなどです。 また、アイスクリームやヨーグルトの上に青汁をトッピングしたり、ミックスしたりすると美味しいスイーツができます。

簡単な工夫を施すだけで青汁を美味しく摂取する事ができますし、楽しみ方はどんどん増えます。まだまだアレンジ方法は存在しますので、ぜひ自分にあったメニューを見つけ、青汁を楽しく摂取していって下さい。

毎日続けるにしても少しずつアレンジを加える事で、途中で飽きることなく青汁を継続できるものです。美味しい味わい方、自分らしい飲み方を見つけ、青汁を楽しく摂取して行きましょう。

妊婦さんが青汁を飲むメリットと注意点

お腹に赤ちゃんがいる妊婦さんは、葉酸、カルシウム、鉄分などが慢性的に不足しがちになります(赤ちゃんがお腹で育つために必要な栄養素であるためです)。

野菜などから摂取できればよいのですが、つわりなどの症状が出る人もいて、食欲自体が減退しがちです。そうした栄養素を補うために青汁が有効なのです。市販されているサプリメントでも栄養素を補うことができますが、青汁は総合的にそれらの栄養素が含まれているため、手間をかけずに補うことができるのが利点です。

妊娠中に特に摂取したほうがよいのが「葉酸」といわれています。葉酸を多く摂取することによって、お腹の赤ちゃんのが神経管閉鎖障害を発症するリスクを大きく減らすといわれています。

また、鉄分は赤ちゃんの血液の元となりますし、カルシウムはいうまでもなく、赤ちゃんの骨を作ります。従って、積極的に摂取したほうがよい栄養素であり、青汁の主原料である、ケール、大麦若葉、明日葉には、キャベツと比較して数倍、これらの栄養素が含まれています。これが、妊婦さんに青汁をお勧めする理由になります。

ただし、青汁ならば何でも飲んでよいというわけでもありません。例えばカフェインです。青汁の主原料であるケールや明日葉などにはカフェインは含まれていませんが、青汁の商品によっては、添加物として抹茶や緑茶が入っている場合があります。

飲みやすくするためにこれらが添加されているわけですが、カフェインには、おなかの赤ちゃんを流産してしまったり、早産(健康面での不安や障害があるリスクが高まります)しやすくなるというデータがあります。カフェインといえばコーヒーが有名ですが、お茶類にも含まれていて(麦茶にはありません)、特に玉露はコーヒーの4倍ほどのカフェインが含まれているのです。

青汁に添加されるのは玉露ではありませんが、緑茶成分が含まれていれば、カフェインは存在することになり、その青汁を飲めば妊婦さんだけではなく、赤ちゃんにも蓄積されることになります。

日常的にコーヒーなどを飲んでいなければ、それほど気にする量ではないかと思いますが、一応、気に留めておいてほしいことですね。カフェインのない青汁であれば、この問題はないので、商品の原料欄を見て購入するようにしましょう。

定期購入でお手頃に青汁を続けよう!

あなたはなぜ、青汁を始めようと考えているのでしょうか?

「ダイエットで偏りがちな栄養バランスを補いたい」
「不摂生が続いているので、健康的な体に変わりたい」
「初めての一人暮らしで、食事内容に自身がない」

その理由は様々だと思います。 しかし、多くの場合、結果的に“自分のカラダを変えたい”というのが共通の目的でしょう。 体を変えるのは簡単なことではありません。2〜3日青汁を飲んだから、もう絶好調!なんてことはないのです。

長期的に続けることではじめて、ゆっくり、そして確実に体は変わっていくものです。 これはダイエットにも同じことが言えるのではないでしょうか? そのためにも、青汁の習慣はぜひ続けていって欲しいのです。

数々の種類が青汁ですので、無理なく継続していける値段であることも商品選びの重要なポイントです。 買い続けることができなければ、飲み続けることはできませんので、青汁を選ぶ際には きちんとお財布と相談をしてみてくださいね。

最近では、ネット通販で手軽に青汁を購入するケースが増えてきたようです。 自宅にいながら数ある青汁を見比べ、自身のライフスタイルや目的にそった商品を 購入できるネット通販は、本当に便利なサービスですよね。

もしも、ネット通販でお気に入りの青汁が決まったのであれば、 賢く利用して欲しいサービスの中に「定期購入」というシステムがあります。

もちろん、サイトによって異なるものなのですが、ほとんどの場合、 定期購入をすれば商品は割引価格で購入することが可能なのです。

さらに、ケースによってはポイント贈呈や送料無料などもありますので、 青汁を続けていくにはぜひ定期購入を利用するようにしてみてくださいね。

定期購入についての案内は、公式サイトなどで詳しく紹介されているケースがほとんどです。 ですので、その青汁を購入するかを決める際にあらかじめ定期購入によって どのような割引やサービスを受けることができるのかを確認しておくと良いでしょう。

このページの先頭へ